2007年09月20日

10歳の少年、アトレチコ・マドリーと契約

サッカー・スペインリーグの強豪、アトレチコ・マドリードの下部組織に山梨出身の小学5年生、MF宮川類くん(10)が入団したそうです。

6月23日から約1か月間のセレクションをうけて、アトレチコ・マドリードU−12入りが決定したとのこと。

契約期間は5年間で、生活費、学費、食費など、一切の費用をクラブ側が持つそうです。

そういえば昔、玉乃淳選手(現横浜FC)が15歳のとき、アトレチコの下部組織にスカウトされて入団しましたよね。

玉乃選手はトップチームには到達できなかったですが、宮川君にはぜひトップに上り詰めてもらいたいものですね。


現在では欧州のトップクラブ間での移籍金の高騰もあって、才能ある選手をすごく若いうちから獲得して育成しようとする傾向が強まっています。
日本人もその対象になっていて、たとえばアーセナルなどは若い選手をヴェンゲル監督の目利きによって獲得しているのですが、伊藤翔選手が獲得寸前まで行きましたね。

それにしても今回の宮川君のケースは若いですね。
若いだけに可能性も無限大。逆に、成長しないかもしれない。
どうなってしまうのかは分かりませんが、日本のサッカーの未来を担うべく大きく成長することを願わずにはいられません。

yahoo!ニュースより
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/regist/input
posted by こんとんじょのいこ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。