2007年10月07日

司法試験

先日、友人が司法試験に合格しました。

ところで、世間の人は、

司法試験が二つあるって言う事実を知ってるんだろうか。

旧司法試験=誰でも受験できる。合格率1%弱

新司法試験=法科大学院卒業者のみ受験できる。
      合格率30%を越える

つまり同じ資格を取るために二通りの試験があり、
合格率が30倍も違っている。


じゃあなんでみんな合格しやすい新司法試験を受けないのか?

仕事を持ってる人や、授業料が払えない人は断念せざるを得ないから。

つまり、経済的格差によって司法試験の合否が左右されているということ。

これって、どうですか?

どうも世間一般の人は、法科大学院、新司法試験という制度が良い制度だと誤解してるみたいなので、書いてみました。

ちなみにわたしの友人は、旧司法試験の方に、仕事しながら合格しました。
ラベル:司法試験 合格者
posted by こんとんじょのいこ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

合格率1.06%、合格者数248人、前年より301人減、旧司法試験合格者
Excerpt:  旧司法試験合格者数(平成19年度)が、法務省から発表されました。 人気blogランキングにはたくさんのニュースが  合格したのは総数248人、うち、男性は191人、女性は57人でした。..
Weblog: ニュースTokyo:東京発 web de新聞
Tracked: 2007-11-09 18:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。