2007年10月09日

天皇杯

先日の天皇杯の結果です↓

札幌はTDK(秋田)にPK戦で苦杯。
東京Vはホンダ(静岡)に、
仙台は順大(千葉)に延長戦で競り負け、
京都は明大(東京)に屈した。

負けた4チームの共通点。

それは、

J1昇格争いをしている
J2上位チームだということ。
そしてメンバーを落として(というよりほぼ全員入れ替えて)格下相手に負けたということです。

要するに、手を抜いたといわれても仕方のないことをしてしまったわけです。

どうしてもJ1に昇格したい。
選手は連戦で疲れている。
リーグ戦重視、天皇杯軽視・・・

ある意味仕方がないことかもしれません。

でも、こういうチームが今後も出てくるようだと、天皇杯を見たいと思う人はいなくなるでしょうね。


先日、アジアチャンピオンズリーグを戦った川崎フロンターレが、その後のJリーグの試合でメンバーを大幅に入れ替えて試合に臨み、リーグの幹部が批判するということがありました。

Jリーグには、「ベストメンバー規定」というのがあって、極端にメンバーを入れ替えて試合するということが認められていないのです。

この騒動のときは、サポーターが川崎の事情をよく理解していたこと、川崎の選手起用は「ベストメンバー規定」に直接違反していないことから、川崎の方がサポーターの大勢から支持されていました。
そして、そもそもベストメンバー規定自体、不要であるという意見も多く見られました。

ですが、今回の一件で、やはりベストメンバー規定は残しておくべきだ、そして、天皇杯にもベストメンバー規定を設けるべきだという意見が出てくるかもしれないですね。


この問題は相当複雑で、川崎の事例と今回の事例を単純に比較することはできないのですが、今後、サッカーファン、サポーターの間でも大きな議論を呼びそうです。


ちなみに、こんな記事もありました。

日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(70)は8日、天皇杯3回戦(7日)でJ2の上位4チームがそろって主力を温存した結果、大学チームなどに敗れたことについて「負けていいと思ってやっているわけではない。過去にもあった」などと理解を示した。
ttp://sports.yahoo.co.jp/hl?c=jleague&a=20071009-00000019-sanspo-spo

「負けていいと思ってやっているわけではない。」
という言い方からすると、
「勝とうと思ってやっていた」
とまではいえないとも受け取れますね。
それでいいのか?という疑問はぬぐいきれません。

さらに、
「過去にもあった」
とおっしゃっていますが、
過去にあったのなら問題ないとはいえないでしょう。
過去の行いが間違っていたという評価もできるのですから。

この背景には、
リーグの日程と天皇杯の日程がうまく調整できないという問題もあるでしょう。
天皇杯という伝統ある大会と、現代日本サッカーの中心に据えられるべきJリーグとの調整。すごく難しい問題だと思いますが、今後どのように折り合いを付けていくのか、注目したいところです。
posted by こんとんじょのいこ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。