2007年10月28日

あっというまに世界一



しかしこんなにあっけなくワールドチャンピオンってことになったら、めでたい話ではあるけど、なんか肩透かしにあったような、そんな感覚になりそうです。

それにしても、
どうしてアメリカのメジャースポーツは、
国内ナンバーワンを決めてるだけなのに、
ワールドチャンピオンと名乗るんでしょうね。

実質的にはそうなのかもしれないですが。


まだあとひとつあるんで、わかりませんけどね。
posted by こんとんじょのいこ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディズニーランドで

この夏に、東京ディズニーランドへ行ったんです。

僕は乗り物に乗るよりも、ショーを見るのが好きなので、
いくつもショーを見ました。

で、ショーはもちろん楽しく見たんですが、

ビデオカメラで録画している人が
かなりいたんですね。

あれがすごいうらやましくて、
いつか絶対自分もやってやろうと思いました。

とりあえずビデオカメラで目をつけてるのは、
コレですね。

20倍ズームらしいので、
ばっちり撮れそうで。


携帯で写真をとるくらいしか
思いつかなかった自分が口惜しい・・・
posted by こんとんじょのいこ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

働きマン

働きマン
のコミック買ってみました。

女性なのに男勝りに働くから働きマン。

読んでみると、
あまり男とか女とかは関係ない話かなって思いました。
要は、プロ意識の有無の問題。

若い女性OLはこんなこと思ってるのか〜と知るには
いかなって感じです。

(追記)

これってまだ4巻までしか出てないんですね。
その割にはすぐドラマになって。
人気コミックの中でも珍しくない?
読んだ人の感想
ラベル:働きマン
posted by こんとんじょのいこ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

女性の品格

「女性の品格」の特集がスマステでやってますね。

品格ある女性をイメージすると、
同じことが男性にも当てはまるような気がするけど。

でもあえていえば、
人の噂話をしない女性は品格があると思う。

話してて、
「○○さんは〜〜だよね」
そんな会話ばかりだとうんざりする。


そのうち、「男性の品格」という本でも出版されて、
女性から、こういう男はイヤだという
ご意見をたくさん頂戴するハメになるのでしょう(笑)

まあでも、そういう一般論は
気にしないでいきたいです。

自分の大事な人から
「あんた下品だね」

と言われなければそれでいいです。

ラベル:女性の品格
posted by こんとんじょのいこ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

北京五輪予選 カタール戦

いや〜ショックな負けですね。

内容としては、まずまずだったので、
負けは予想外でした。

ずいぶん前になりますが、トルシエが監督のとき、
「日本には守りきる文化はない」
って断言してたのを思い出しました。

テレビの実況では
「ドーハの悪夢再び」みたいに言っていますが、
守りきれないのは、日本の特徴なのかもしれません。
受身に回ると逆に弱いというか。


試合後の反町監督のインタビューで、
「気合入れてがんばる」って言ってましたが、
逆に心配になりました。

気合いれるとか集中するとか言うのは、
しようと思って出来るほど簡単なものではないです。

監督1人がテンパってしまうことが内容にお願いします。
ラベル:反町 カタール戦
posted by こんとんじょのいこ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

12人の優しい日本人

映画「12人の優しい日本人」をみました。

裁判員制度もスタート予定ですし、
なにか裁判がらみの映画を見てみようかなということで。

感想は、
つまらなかったです。

というか、全部見ていません。

最初の出だしのところで、
すでにつまらないモードに入ってしまって、

全部見る気力がありませんでした。

なにやら陪審の人たちが、
それぞれ身勝手に振舞いまくるところから
スタートするわけですが、
(たとえば豊川悦司がタバコをふかしまくるとか)

その時点で、「だから何?」
と思ってしまいまして・・・

ひょっとしたら、
相性がかなりある作品かもしれません。

合う人にとっては、
たまらなく面白かったりするかも。

主観的なおススメ度は低いです。
posted by こんとんじょのいこ at 23:19| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画鑑賞記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

よくこんなものを・・・

∞プチプチだって。

やはり現代人はプチプチしてないと
やってられないくらい
ストレスがたまってるんでしょうか・・・

個人的には、プチプチのついたビニールを、
雑巾絞るみたいにギュッとやって、

バチバチバチ〜〜〜

ってやるのが
最高なんですけど。
posted by こんとんじょのいこ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

花田少年史

花田少年史〜幽霊と秘密のトンネル〜(2006)を見た感想です。



○ストーリー○

小さな港町の、わんぱくしたい放題な花田一路少年。
ある日、事故でトラックと衝突。
命は取り留めたものの、一路は幽霊が見える
不思議な能力を身につける。
花田少年の周囲には、セーラー服の女の子の幽霊、犬の世話を頼んできたりする幽霊や自分こそ父親だという男の幽霊が現れる。

○キャスト○

須賀健太 篠原涼子 西村雅彦 北村一輝 他


ぼくはこういう話に涙モロいです。
一番うるっと
来てしまったのは、
一路少年の友人の男の子と、死んだ父親(杉本哲太)の会話シーンあたり。
母親の再婚相手候補の医師に「お父さん」という借り物競争のお題目を見せる・・・
な、泣ける・・・
花田少年を演じる須賀健太くんもなかなかやるなと思いましたが、友達の方が気になって仕方がありませんでした。って言いながら、役名と俳優の名前を忘れてしまったのですが。。。

あと、北村一輝は、なんていうか、こういうギリギリな役が多いですね。
花田少年史のほかでは、
電車男のスペシャルドラマに出ていたときも、やっぱり変な人物でしたし。


それはともかく、おススメ度☆☆☆☆☆作品です。
posted by こんとんじょのいこ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

ニックネーム

ニックネーム変えました。

旧ニックネームはSKBなんですけど、

これは、

「シャニカミブログ」を

アルファベットで表記したのを略したつもりでした。

シャニ→S

カミ→K

ブログ→B



まあでも、普通に読んだら

す→S

け→K

べ→B


なんじゃないかとふと気づいて・・・



それは不本意だなあという訳です。



新ニックネームは、

ご存知の方も多いかと思いますが、

そのまま口に出してください。

えなりかずきが

「簡単じゃないか」

と言っているはずです。

まあ、どちらにしても、くだらないかな?
posted by こんとんじょのいこ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

リバーダンス(the riverdance)

リバーダンスにハマってしまったという記事を、先日書いたのですが、
管理画面の操作を間違えて消してしまいました。

とりあえず、懲りずにまた書いておきます。

youtubeで見れるのはコレ


そういえば、
先日見た「ホリデイ」という映画に出演していた
ケイト・ウィンスレット。

彼女はなんといっても「タイタニック」
なわけですが、

タイタニックの中で、上流階級の人は行かない
ジャックらがいる階で、バンバン踊りまくる
シーンがあったのを覚えてますか?

あれって、リバーダンスじゃないでしょうか。

未確認なので、違ったらごめんなさい。

ちなみに映画「ホリデー」についてはこちら
posted by こんとんじょのいこ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる音楽リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。