2007年10月10日

天皇杯とベストメンバー

天皇杯でのJ2上位クラブ(コンサドーレ札幌、京都サンガ、東京ヴェルディ、ベガルタ仙台)の総崩れを受けて、ベストメンバー規定の是非がまた問題となっています。

サッカーに詳しい人、サポーターの多数は、ベストメンバー規定廃止という意見だと見受けます。

各クラブが、どの試合を重視して、誰を出場させるかという判断を独自に行うべきだ。それがベストメンバーだという考えでしょう。

わたしは、この考え方は世界のサッカー情勢にも沿っていますし、至極真っ当なものだと思います。

ただし、ベストメンバー規定を廃止するかどうかは、あらゆる可能性を考慮のうえで決定する必要があると思います。

たとえば、こういう事態が生じるとは考えられないでしょうか。

Jリーグで、浦和とG大阪の優勝争いが白熱。勝ち点1を争う情勢に。
一方、Jリーグでは優勝の可能性も降格の可能性もないチーム(仮にAとします)が、天皇杯重視に切り替える。

Aクラブは、Jリーグには実質2軍で臨み、天皇杯にレギュラーを総動員。

Jリーグで浦和はAクラブとの対戦を残すが、G大阪はのこっていない。

こういう場合、G大阪は納得がいくでしょうか。

サポーターは納得したとしても、一般の人がJリーグをどう見るか。

あらゆる可能性を考えて、ベストメンバー規定をどうするか決定してもらいたいと思います。
posted by こんとんじょのいこ at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

映画ホリデーみました

映画ホリデーを見ました。やはり3連休だと、何かと時間あまりますしね。

失恋した2人の女性(キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレット)が、偶然のインターネットでの出会いから、お互いの家を交換して住み、そこでの新たな出会いを描くというストーリー。

この「ホリデー」のメインターゲットは、働く女性なんじゃないかなと思ったのですが、男性の僕がみても十分楽しめる内容でした。僕が一番気に入ったのは、ジュード・ロウ演じる男(ケイト演じる女性の兄貴)の2人の子どもですね。めっちゃかわいくて参りました。
子どもって、ごく自然に子どものペースにはまってしまいますよね。そういう不思議な可愛さがある。

あとは、
「この人は自分を確実に不幸にするけど、どうしても忘れられない」
そんな呪縛から解き放たれて、人間性の合う人と向き合うことができるようになる2人の男女。ここが気分爽快なところですね。
総じておススメ度の高い作品だと思います。

ちなみに「ホリデー」の主題歌は
ボズ・スキャッグズ(Boz Scaggs)の「ウィー・アー・オール・アローン」をリタ・クーリッジ(Rita Coolidge)がカバーしたものだそうです。
サントラもあるようですね。


posted by こんとんじょのいこ at 15:55| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画鑑賞記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇杯

先日の天皇杯の結果です↓

札幌はTDK(秋田)にPK戦で苦杯。
東京Vはホンダ(静岡)に、
仙台は順大(千葉)に延長戦で競り負け、
京都は明大(東京)に屈した。

負けた4チームの共通点。

それは、

J1昇格争いをしている
J2上位チームだということ。
そしてメンバーを落として(というよりほぼ全員入れ替えて)格下相手に負けたということです。

要するに、手を抜いたといわれても仕方のないことをしてしまったわけです。

どうしてもJ1に昇格したい。
選手は連戦で疲れている。
リーグ戦重視、天皇杯軽視・・・

ある意味仕方がないことかもしれません。

でも、こういうチームが今後も出てくるようだと、天皇杯を見たいと思う人はいなくなるでしょうね。


先日、アジアチャンピオンズリーグを戦った川崎フロンターレが、その後のJリーグの試合でメンバーを大幅に入れ替えて試合に臨み、リーグの幹部が批判するということがありました。

Jリーグには、「ベストメンバー規定」というのがあって、極端にメンバーを入れ替えて試合するということが認められていないのです。

この騒動のときは、サポーターが川崎の事情をよく理解していたこと、川崎の選手起用は「ベストメンバー規定」に直接違反していないことから、川崎の方がサポーターの大勢から支持されていました。
そして、そもそもベストメンバー規定自体、不要であるという意見も多く見られました。

ですが、今回の一件で、やはりベストメンバー規定は残しておくべきだ、そして、天皇杯にもベストメンバー規定を設けるべきだという意見が出てくるかもしれないですね。


この問題は相当複雑で、川崎の事例と今回の事例を単純に比較することはできないのですが、今後、サッカーファン、サポーターの間でも大きな議論を呼びそうです。


ちなみに、こんな記事もありました。

日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(70)は8日、天皇杯3回戦(7日)でJ2の上位4チームがそろって主力を温存した結果、大学チームなどに敗れたことについて「負けていいと思ってやっているわけではない。過去にもあった」などと理解を示した。
ttp://sports.yahoo.co.jp/hl?c=jleague&a=20071009-00000019-sanspo-spo

「負けていいと思ってやっているわけではない。」
という言い方からすると、
「勝とうと思ってやっていた」
とまではいえないとも受け取れますね。
それでいいのか?という疑問はぬぐいきれません。

さらに、
「過去にもあった」
とおっしゃっていますが、
過去にあったのなら問題ないとはいえないでしょう。
過去の行いが間違っていたという評価もできるのですから。

この背景には、
リーグの日程と天皇杯の日程がうまく調整できないという問題もあるでしょう。
天皇杯という伝統ある大会と、現代日本サッカーの中心に据えられるべきJリーグとの調整。すごく難しい問題だと思いますが、今後どのように折り合いを付けていくのか、注目したいところです。
posted by こんとんじょのいこ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

野村監督の言葉

いまNHK見てるんですが、
貴重な言葉を聴けました。

「とにかく挑む 失敗したら、そこで考える」


忘れないうちにメモしとこうと。


成功者は、失敗を恐れていませんね。
考えるより、まず行動。

成功哲学というか、
成功者に共通して見られる現象な気がします。

たしかに、先に考えてしまうと
いろいろ悩んでしまい、
いつまでも行動に踏み切れない気がします。
ラベル:野村克也
posted by こんとんじょのいこ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

司法試験

先日、友人が司法試験に合格しました。

ところで、世間の人は、

司法試験が二つあるって言う事実を知ってるんだろうか。

旧司法試験=誰でも受験できる。合格率1%弱

新司法試験=法科大学院卒業者のみ受験できる。
      合格率30%を越える

つまり同じ資格を取るために二通りの試験があり、
合格率が30倍も違っている。


じゃあなんでみんな合格しやすい新司法試験を受けないのか?

仕事を持ってる人や、授業料が払えない人は断念せざるを得ないから。

つまり、経済的格差によって司法試験の合否が左右されているということ。

これって、どうですか?

どうも世間一般の人は、法科大学院、新司法試験という制度が良い制度だと誤解してるみたいなので、書いてみました。

ちなみにわたしの友人は、旧司法試験の方に、仕事しながら合格しました。
ラベル:司法試験 合格者
posted by こんとんじょのいこ at 03:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ウイスキーがお好きでしょ

ウイスキー〜〜〜〜が 

お・ス・キ・で・しょ♪

って石川さゆり(と思われる)が歌ってる

CMが、微妙に音痴で気になる今日この頃です。

「キー〜〜〜」のところが音痴。


まあわざと外してるかもしれないので

下手なこというと怒られちゃうかもですが。


posted by こんとんじょのいこ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

ジーコジャパン

暇だったので、
ジーコの日本代表がドイツワールドカップ
出場を決めた試合、北朝鮮戦のビデオを見てた。

今の代表とけっこう面子がちがうね。

ただ、今の代表にいない選手が妙にキレまくっていた。

先制ゴールの柳沢。

交代出場で決定的チャンスに絡み続け
追加点を奪った大黒。

2点目アシスト(その前のパスカットが見事)
の田中誠。

セットプレーキッカーとしてかなり脅威な小笠原。


なんか懐かしかった。

彼らもまだ、

老け込むには早いよね。
posted by こんとんじょのいこ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

沢尻エリカ騒動

映画「クローズドノート」の記者会見での一件以来、すっかりヒールになってしまった沢尻エリカ。

この騒動でよくわかったのは、あれほど「エリカ様」とかいって大騒ぎされていた人気者でも、実は、きわめて表面的な「なんかさわがれてるよね」という程度の人気しか獲得していなかったのだということ。

「なんだあの態度は」

「人間としてありえない」

「もうファンになるのやめた」

「後で泣いて謝るならはじめからすんな」

要するに、
「彼女にいったい何があったのだろう?」

と、彼女の内面や、事情というものを
酌んでやろうという懐の深い言葉というのは、
少なくともネット上ではいっさい見受けられない。


芸能界の人気とは、いったいなんなのだろう。

ひと昔前、田原俊彦が、「僕はスターだから」といって
芸能界から干された。

誰がどう考えても、彼はスターだったのに。
客観的真実を発言しただけなのに。

沢尻エリカの人気が田原俊彦ほどの異常なものだったとは思わないが、あの騒動に共通点を感じる。


人間として謙虚であることは大切だと思う。当然のこと。

では反対に、謙虚さを要求する側に、なにも問題がないのかどうか。そこがちょっと疑問ではある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000902-san-ent  
ラベル:沢尻エリカ
posted by こんとんじょのいこ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ミネラルウォーターは体にいいか

最近、ごみの分別なども進んできて、
今朝もペットボトルの容器からカヴァーを
はがす作業をやってたわけです。

環境問題は、めちゃくちゃ深刻化してるってのは
誰でも認識していると思う。

でも、自分の生活がどれくらい環境を
害することにつながっているかを
具体的に認識している人はいないと思う。
もちろん僕も知らない。

たとえば、
健康的だと思って
水道水を飲まないで
ミネラルウォーターを買ってきて飲む。
でも、輸入品だと、
輸入するために二酸化炭素を空から撒いてる。

飲んでるときに、そんなことまで
考えてる人は皆無だけど、
でも実際にそのとおりなわけで。

ちなみに
日本人ひとりは平均で年間10tの二酸化炭素を
撒いてるらしい。
アメリカ人は年間20t。

アメリカ人ふざけんな!と思いがちだけど、
インド人は年間1t。
アメリカ人に文句言ってる場合かってこともある。


とりあえず、
まず自分の暮らしが環境に
どんなインパクトを与えてるのか

それを知ってみると、結構危機感持つだろうと思う。

ちなみに、
こちらのページ↓で
坂本龍一と村上龍の対談が見られます。

今回の話のネタ元です。
posted by こんとんじょのいこ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

イルマーレ

イルマーレ」を見ました。

この「イルマーレ」というタイトル、
どうやら日本向けタイトルみたいですね。

英語では、「The Lake House」

湖畔の家 という意味です。

なんでイルマーレなのか?

映画の中で、一応、鍵になる場所として登場します。

でも、どうみても一番の鍵は湖畔の家。


そんな難癖は置いておいて、

見た感想を。

う=ん・・

アメリカ人は、こういうのを純愛と受け止め
感動するのだろうか・・

そんな感じですね。

とくにケイト(サンドラブロック)の
振る舞いが身勝手じゃないかと。


あと、この「イルマーレ」は2年の時間差に生きる男女の
恋愛ストーリーなのですが、
未来にいる側の人間が、
過去にいる人間を救うために、
やってはいけないことをしてしまいます。
少なくとも、
ドラえもんでは絶対禁止されていることを。


あーなんか、言いたいことが分からない
感想文ですね。。。

でも、まとまった印象が残らない映画だったんです。僕には。

(イルマーレの評価)
100点満点だと65点ですかね。

(追記)
そういえば、湖やシカゴの風景がきれいだったなあと思い直しました。75点。いずれにしても図々しく辛口です。
posted by こんとんじょのいこ at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画鑑賞記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。