2007年09月24日

失恋休暇

失恋休暇

という休暇をとれる会社があるらしい。

失恋したら精神的にショック。

ショックだと仕事をミスる。

だから休め。

そういう趣旨らしい。

20代前半で失恋したら1日。

20代後半なら2日。

30台なら3日。

年齢が上がるにつれてショックもデカいだろうと。



あと驚くことに、


この失恋休暇。

妄想の失恋でもオーケーだそうで。

たとえば、

ダルビッシュくんどうして〜?とかいう

それって失恋ですか?というようなのでもいい。

なんでも、その会社の偉い人が、

キムタク結婚をきいて3日寝込んだからだそうで。


役所勤めの皆さん、

民間はふざけてる!

役所でこんな制度作ったら

まちがいなく袋叩きだ。

とでもバッシングしてみては(笑)?
posted by こんとんじょのいこ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

スーパーマン・リターンズ

とにかく強い。

弾丸が眼球に当たっても、

弾丸がつぶれる。


ストーリー的には、とくに何てことない内容だと思う。

スーパーマン好きな人には楽しいのかもしれない。

でもちょっと・・・・


あと、リターンズじゃないスーパーマンを見てからじゃないと、

分かりにくいかもしれないです。


そういえば、初代スーパーマン、クリストファー・リーブはすでに故人となってるんですね。

この映画のエンドロールのところでも次のようなメッセージが。

this picture is dedicated

with love and respect

to Christopher Reeve and Dana Reeve


礼儀正しいじゃありませんか。

posted by こんとんじょのいこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

10歳の少年、アトレチコ・マドリーと契約

サッカー・スペインリーグの強豪、アトレチコ・マドリードの下部組織に山梨出身の小学5年生、MF宮川類くん(10)が入団したそうです。

6月23日から約1か月間のセレクションをうけて、アトレチコ・マドリードU−12入りが決定したとのこと。

契約期間は5年間で、生活費、学費、食費など、一切の費用をクラブ側が持つそうです。

そういえば昔、玉乃淳選手(現横浜FC)が15歳のとき、アトレチコの下部組織にスカウトされて入団しましたよね。

玉乃選手はトップチームには到達できなかったですが、宮川君にはぜひトップに上り詰めてもらいたいものですね。


現在では欧州のトップクラブ間での移籍金の高騰もあって、才能ある選手をすごく若いうちから獲得して育成しようとする傾向が強まっています。
日本人もその対象になっていて、たとえばアーセナルなどは若い選手をヴェンゲル監督の目利きによって獲得しているのですが、伊藤翔選手が獲得寸前まで行きましたね。

それにしても今回の宮川君のケースは若いですね。
若いだけに可能性も無限大。逆に、成長しないかもしれない。
どうなってしまうのかは分かりませんが、日本のサッカーの未来を担うべく大きく成長することを願わずにはいられません。

yahoo!ニュースより
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/regist/input
posted by こんとんじょのいこ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

幸せのちから ウィル・スミス

正直、胃が痛かった。
上映時間の99パーセントは貧乏のドン底の話。

成功者の実話ということだが、
何が成功なのか良く分からないまま終わってしまいます。

地下鉄の便所で息子を抱いて寝るとか、
格安モテルから追い出されて教会の宿泊申込みに
行列するとか・・・
とにかく、これでもかと言うくらいドン底なので、
胃腸の弱い方にはおススメできない作品です。

僕なら自分自身の始末を考えるけど、
主人公にはそんなところは欠片もなかった。
そのたくましさだけが救いって感じかな。

あ〜胃が痛い。

posted by こんとんじょのいこ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

マリア・カラス 没後30周年



マリア・カラスという人について、不覚にも良く知りません。
「オペラの大歌手」ということくらいで・・・

レナード・バーンスタインが「オペラのバイブル」と賞賛していたと言うくらいですから、さぞかしものすごい舞台だったんでしょうね。



没後30周年ということで、CDやらDVDやら吟味してみようかな。
posted by こんとんじょのいこ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる音楽リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

エミー賞



【9月16日 AFP】芸能プロダクションThe Gersh Agency主催、ヘアスタイリスト、フレデリック・フェカイ(Frederic Fekkai)共催のエミー賞プレパーティー「The Gersh Agency pre-Emmy party」が14日、ロサンゼルスのサンセット・タワー・ホテル(Sunset Tower Hotel)で開催され、多くの著名人が出席した。

うーむ、エミー賞という賞自体をよく知らなかった。

調べてみると、アメリカのテレビに関する賞なんだそうな。

アカデミー賞が映画、
トニー賞が舞台
グラミー賞が音楽
で、テレビはエミー賞ということですか。

ま、ひとつ勉強になったと言うことで。
posted by こんとんじょのいこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

春のワルツ

韓流ドラマということで、
普段あまり見ないのですが、ちょっと見てみました。

ネット上のうわさだと、韓流ドラマは
ワンパターンなんだそうで。

男女の純愛物語。
両者は住む世界が違う(身分の高低がある)
恋敵が登場
すさまじい悲劇が襲う

こんな感じで話が進むそうで。

まあでも、つまらないと思ってみれば、
なんでも同じように見えてくるものだし、
楽しもうと思ってみれば細かいところの違いでも十分楽しめる、そんなもんでしょう。

ただ、テーマ曲が「冬のソナタ」の曲と似すぎているのはどうなんだろうと思いましたが。

レソラシ♭〜っていうメロディライン。同じだーー

こんど違うドラマのDVDでも借りてみようかな。
posted by こんとんじょのいこ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

なでしこジャパン アルゼンチンに勝利

はじめて、なでしこジャパン(女子サッカー)の試合をまともに見てみました。アルゼンチンに、勝ってしまいましたね。

女子の勢力図というのがぜんぜん分からないのですが、アルゼンチンに勝つというのは男子では現時点ではおよそ考えにくいですからね。すごいな〜と思ってみてました。

男子とどう違うのかというと、当然のことながら、運動能力の部分ですね。スピード、キックの威力、すべて違います。技術的な部分では、女子も驚くほど上手いです。ダイレクトプレーになると、精度が極端に下がるなという印象はありますが。

あと中継で感じたのは、解説の人<川上直子さん>は、「ダメだし女王」ですね。次から次へと手厳しいコメントの嵐。女版セルジオ越後襲名も近いでしょう(笑)セルジオさんはテレビでは丸いですけどね。

試合後、勝って嬉しそうにしている選手と、厳しい表情の選手がいて気になりました。ベテランの選手は、次の試合をすぐに考えて、喜んではいられないという感じだったみたいです。
posted by こんとんじょのいこ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンディ坂野の特技

ダンディ坂野は、カップ焼きそばの味を識別できる!
さっき「アメトーク」みてたら、
ダンディが次々と銘柄を当てまくってた。

日進ソース焼きそばUFO
オタフクソース焼きそば
ぺヤングソース焼きそば
一平ちゃん

ダンディ坂野は何でもあててしまう。

しまいには、雨上がりの宮迫と蛍原がいろんな焼きそばを混ぜて混乱させようとしたら・・・

ダンディ
混ざってる!

くだらないといえばくだらないが、これってすごいですよね。

でも、当てた瞬間に「ゲッツ!」をやるのを忘れて、
宮迫に「ゲッツ!やってませんでしたね」と振られてあわてて「ゲッツ!」って(笑)
posted by こんとんじょのいこ at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

五輪予選カタール戦

結果は1−0で勝ち。
結果がすべての予選なので、この試合は合格。

でも、内容がない。

人とボールが連動して動くことを標榜しているはずなのに
すべてがブツ切りで、数的優位になることが少なすぎる。
たしかに相手があってのことだけれど、そういうレベルなのかという気がする。

チームとしていかに機能するかが日本の最大の課題のはずだけれどこの試合は、個人〈特に森島や柏木の下の世代〉の根性・努力・汗で
なんとか耐え忍んだという展開。

そして下の世代について。
下の世代ががんばっているのは良いことで、この試合も彼らの頑張りが際立っていた。柏木などは、個人の判断でチームが一番へばって足が止まっているときに爆発ダッシュで相手を追い掛け回すなど、チーム全体を考えたプレーをしているなと感じた。
だが、いかんせんチームにフィットしてない。

結論として、
なにがやりたいのか分からなかった試合でした。

posted by こんとんじょのいこ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーみてつぶやく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。